8月11日(水)第7代 2AWタッグ王者である浅川紫悠&梶トマト組が同王座の返上を申し入れました。

団体は協議の結果、これを受理し、2AWタッグ王座は返上扱いとなります。

それに伴い、2AWタッグ新王者決定戦を行うことが決定。詳細につきましては、決定次第発表いたします。


浅川紫悠 コメント
『この度はタイトル保持者でありながらこの時期に意識の足りない行動をしてしまいました。
ベルトは団体の象徴であり、保持者は皆の模範となるべき存在。

私はパートナーの梶トマトとの相談の上、2AWタッグのベルトを返上する事に致しました。

ベルト条件に私はそぐわないというのがすべての答えです。
我々の活躍を楽しみにしていたファンの皆様には心配とご迷惑をおかけした事をお詫び申し上げます。

何よりパートナーの梶トマト選手、本当にすみませんでした。』

梶トマト コメント
『今回の件でタイトルマッチを楽しみにして頂いた方々本当に申し訳ございません。
浅川と色々話をして、今回の処分を重く受け止め2AWタッグのベルトを返上させて頂きます。』